歯周病治療

お口の中の状態をしっかり検査し把握した上で、
専門の歯科衛生士が担当して治療を行います。

ア歯科横田クリニックの歯周病治療

お薬で歯周病を治療する「歯周内科学」

歯周病治療といえば、歯石の除去、または歯周外科という手術を行い痛みの伴う治療法が主でした。

しかし、この基礎的な治療をしても、一生懸命歯磨きしても、
歯肉の炎症が取れず、腫れや出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられます。

ところが、歯周病を薬で治す方法がみつかったのです。
原因である菌を特定し薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。

この治療法は最新式の治療方法で、当院が自信を持ってお勧めする歯周病治療!
それが、位相差顕微鏡と薬を使って治す歯周内科治療です!

歯周病ってどんな病気?

健康な状態では、歯と歯茎はぴったりくっついています。

歯周病とは、歯周病菌がこの歯と歯茎の隙間に入り込み、
やがては歯槽骨(歯を支えている骨)に達し、この骨を溶かしてしまう病気です。

もちろん、歯槽骨が溶けてしまったら、歯を支えることは出来ませんので、
歯が健康であっても抜けてしまいます。

しかも、今や成人の8割が歯周病であると言われています。

そして、むし歯は歳をとるにつれてかかりにくくなるのですが、
歯周病は、逆に、歳をとるにつれて進行します。

このように、ほとんどの人がかかっている上に、
骨が溶け、健康な歯でも抜けてしまう怖い病気なのです。

画像

歯周病の治療方法は?

歯周病は、プラーク(細菌の塊)が溜まることで進行を招きます。

細菌は次第にバイオフィルムという集合体を形成し、
いったん出来てしまったバイオフィルムは歯磨きだけでは除去出来ません。

このバイオフィルムを除去するには、
歯科医院の専門器械を使った定期的なメンテナンスが必要となります。

画像

位相差顕微鏡とは?

画像

口腔内にはさまざまなばい菌が存在しています。

そのミクロの世界を見るのが位相差顕微鏡です。
一見、きれいに見えるお口の中でも実は悪い菌が存在しているという場合もあります。

画像

この他にもお口の中にはたくさんの菌が存在し、その種類は400種類を超えると言われています。
口腔内細菌のコントロールこそむし歯や歯周病の予防になるのです。

歯周内科学とは?

今までの歯周病の治療は悪くなった歯周組織を手術によって改善していくという
歯周外科が主流でした。

それに対して歯周内科学とは全く新しい概念の学問と言えます。
その特長は外科処置に頼らず、お薬で歯周病を治療するという点にあります。

画像

歯周内科による歯周病の治療手順

1.位相差顕微鏡で歯周病菌の確定

歯周病の原因菌を位相差顕微鏡で調べます。

2.確定した菌に最も有効な薬剤を選択

原因菌に一番良く効く薬剤を選びます。

3.薬剤の処方

お薬を飲んでもらうか、もしくは歯磨き剤として使ってもらう場合もあります。

4.位相差顕微鏡で再度確認

お薬の効果をまた位相差顕微鏡で見て、菌の状態の変化を調べます。

5.症状の改善

実際のお口の中の症状の改善を確認します。

画像

とにかく大切な点は、位相差顕微鏡なしでは歯周内科は成立しない、という事です。
肉眼だけでは本当は歯周病の治療も予防もできません。


位相差顕微鏡で定期的にお口の中の菌の状態を調べることを習慣にしましょう!

「歯」を知りつくした専門の歯科衛生士が、あなたのお口の健康状態をチェックしたうえで、 適切に治療処置を行いますので安心して下さい。


画像
画像

 

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.088-52-6565
診療時間
9:00〜13:30

/

/

/

14:30〜19:00

/

/

/

休診日
休診:水曜日・日曜日・祝日
※ 祝日のある週の水曜日は診療いたします。
※ 土曜日午後は18:00まで
トップページ

© 徳島市富田橋の歯医者・歯科医院ならア歯科橫田クリニック. All Right Reserved.