審美歯科

歯を白く美しくする治療法

ア歯科横田クリニックの審美歯科

美しさ・耐久性・安全性をそなえた治療

「歯の色が気になる」「隙間が開いている」など、
見た目もお悩みがある方には審美歯科があります。

審美歯科とは、むし歯や歯周病といった歯の病気を治すことが目的ではなく、
歯の機能面だけでなく、見た目も追求した治療法です。

前歯の治療

画像

セラミック(自費)

画像

お皿につかう陶材を歯科用に加工したもので、色が白く、大変美しく仕上がります。

プラスチック(保険)

画像

健康保険を利用できます。
セラミックにくらべ変色しやすく、プラークもつきやすくなります。

材料や方法による3つの違い

前歯の治療は使用する材料や方法により 主に3つの点で違いがあります。

違いその1 美しさ

美しさがいつまでも続く

セラミックの最大の特徴は、いつまでも続く透明感のあるその白さです。
セラミックならプラスチックのような変色はほとんどありません。


3年後・5年後の変色を比較すると・・・

画像

※ 変色には個人差があります

画像

違いその2 耐久性

摩耗しにくい

せっかく治療するのですから、いつまでも丈夫で長持ちすることも大切です。
プラスチックは、歯ブラシでこするだけでも傷がつきますが、
セラミックならそのような心配はありません。


プラスチックの摩耗(5年間使用後)

画像

※ 磨耗には個人差があります

違いその3 清潔感

細菌がつきにくくむし歯や歯周病になりにくい

セラミックの材料は、毎日使うお皿と同じだからとても衛生的です。
むし歯や歯周病の原因となる細菌(プラーク)がつきにくく、歯みがきをすればしっかりと落とせます。


表面の拡大写真(500倍撮影)

画像

※ 磨耗には個人差があります

画像

つめものによる治療

セラミック(自費)

画像

お皿につかう陶材を歯科用に加工したもので、色が白く、大変美しく仕上がります。

ゴールド(自費)

画像

多少目立ちますが、とても適合がよく、むし歯が再発しにくい素材です。

銀歯(保険)

画像

健康保険が適用できます。 他の素材に比べ、むし歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。

材料や方法による3つの違い

つめものには、使用する材料により 主に3つの点で違いがあります。

違いその1 美しさ

白くて自然な美しさ

小さなつめものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。
その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。


美しさなら断然セラミック!

画像

※ 写真はハイブリッドセラミックです(セラミック)

違いその2 再発リスク

二次むし歯の危険性

つめものは、歯との隙間にプラークがたまりやすく、むし歯が再発することもあります(二次むし歯)。
このリスクが最も少ないのがゴールド。
適度なやわらかさがあり、隙間もピッタリです。


ゴールドなら隙間もピッタリ!

画像

※ 段差のでき方には個人差があります

違いその3 安全性

金属アレルギー

歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることもあります。
オールセラミックなら金属を一切つかっていないので安心です。
ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。


ゴールドは酸に溶けにくい金属です
(それぞれ強酸に5分つけてみると・・・)

画像

※ お口の中でここまで酸化することはありません

画像

かぶせものによる治療

セラミック(自費)

画像

お皿につかう陶材を歯科用に加工したもので、色が白く、大変美しく仕上がります。

ゴールド(自費)

画像

多少目立ちますが、とても適合がよく、むし歯が再発しにくい素材です。

銀歯(保険)

画像

健康保険が適用できます。
他の素材に比べ、むし歯の再発や金属アレルギーの危険性が高くなります。

材料や方法による3つの違い

かぶせものには、使用する材料により 主に3つの点で違いがあります。

違いその1 美しさ

白くて自然な美しさ

小さなかぶせものでも、大きく口を開けて笑うとやはり見えています。
その点、セラミックは白く美しいため、周りの人に気づかれることもほとんどありません。


美しさなら断然セラミック!

画像

※ 写真はオールセラミックです(セラミック)

違いその2 耐久性

使用可能年数の違い

かぶせものは、その精度や素材のかたさなどによって、使用できる年数に違いがでることもあります。
なかでも、ゴールドは丈夫さNo.1です。

また、耐久性と美しさの両方を求められる方には、
金属にセラミックを焼き付けたメタルセラミックもおすすめです。


丈夫なかぶせもの

画像

※ 耐久性は使用状況によっても異なります

違いその3 安全性

金属アレルギー

歯科用の金属は少しずつ溶け出して、金属アレルギーの原因になることもあります。
オールセラミックなら金属を一切つかっていないので安心です。
ゴールドも金属アレルギーになりにくい素材です。


ゴールドは酸に溶けにくい金属です
(それぞれ強酸に1分間つけてみると・・・)

画像

※ お口の中でここまで酸化することはありません

歯をキレイにするとは言っても、色々な方法があります。

まずはお気軽にご相談下さい。

 

お電話でのご予約・お問い合わせ tel.088-52-6565
診療時間
9:00〜13:30

/

/

/

14:30〜19:00

/

/

/

休診日
休診:水曜日・日曜日・祝日
※ 祝日のある週の水曜日は診療いたします。
※ 土曜日午後は18:00まで
トップページ

© 徳島市富田橋の歯医者・歯科医院ならア歯科橫田クリニック. All Right Reserved.